お部屋の片付けで困ったらまずはお電話下さい!『空き家、空き部屋片付け、遺品整理、生前お見積り、ゴミ部屋清掃、特殊清掃』【対応地区】岐阜県美濃/愛知県西部 Clean&Reset      一般社団法人/遺品整理士認定協会

会社概要

  • HOME »
  • 会社概要

信頼できる片付け業者をお探しのあなたへ

お部屋の片付けまかせ隊代表 栗本佳孝

こんにちは、
お部屋の片付けまかせ隊 代表の栗本佳孝です。

本日は、数ある片付け業者の中からこちらに訪問いただきありがとうございます。

私がなぜこの片付けの仕事を始めようと思ったのかについてあまり人には話したくないこともありますが正直に全てをお話しします。

2011年7月6日のお昼過ぎころ私の父親から突然電話がありました。
「紀子が死んだって警察から電話あったけど俺は体の具合が悪くて動けないから代わりに色々とやってほしい」

紀子は3歳下の私の妹です。当時名古屋市内で一人暮らしをしていました。
父から電話をもらった後、警察署に電話をして状況の確認をし、遺体が安置されている警察署に向かいました。

警察で詳しい事情について説明を受けました。私の妹は一人暮らしで、当時住んでいたアパートの部屋で遺体となって発見されました。携帯の通話記録やメールの履歴から6月23日の夜から翌朝の間に病気により急死したことが推定されるとのことでした。2週間も連絡が取れないので職場の方がアパートに訪問し異臭から異常に気付き同じアパートに住む大家さんに連絡して部屋の鍵を開けてもらい発見されました。
年齢はまだ40歳でしたが病死による孤独死でした。

遺体の腐敗なども進んでおり見ても識別できないので警察の方には見ない方がいいですよと言われました。歯科医により歯の治療跡から本人であることがわかりました。

本人とわかってからが大変なのですが
警察官から「事件性はないので遺体を引き取ってください」と言われました。
身元も判別できない遺体をどのように引き取って良いのかも全くわからず警察官に尋ねたら
「あくまでご本人で引き取っていただくので私たちは関与できないのですが多くの場合は葬儀屋さんにご遺体を引き取ってもらうみたいです」
しかし、場所は名古屋ですし私の地元でもないので知り合いの葬儀社も無く、どうしていいのか分からず再度警察官に尋ねたら「こちらに葬儀社のリストがあるのでご自身で選んで連絡してください」とアドバイスをもらって葬儀社に連絡して警察署に来てもらいました。

そこで葬儀社から考えもしなかった事実を告げられました。
「妹さん孤独死ですし、2週間ほど経っているので部屋はとんでもないことになっていると思いますが見られましたか?」
私は、警察署に行っただけで住んでいたアパートには行っていなかったので部屋がどのようになっているのか考えもしませんでした。

翌日、葬儀社さんとアパーへ行き葬儀社さんが用意してくれた消臭液で消臭作業した後、部屋に入りました。
遺体が発見されたベッドには体形がはっきりわかる跡が残っており消臭液をまいてもかなり強烈な匂いがしていました。

葬儀社さんが「早く片付けてしまわないと近所から匂いの苦情や大家さんから損害賠償などの請求がくるから急いで片付けないと...」
「どうやって片付けたらいいでしょうか?」と葬儀社さんに尋ねたら
「素人では片付かないから業者に頼んですぐに片付けてしまった方がいいね。よかったら知り合いの業者を紹介しようか?」

葬儀社さん電話して知り合いの片付ける業者がすぐに来てくれました。
部屋を見渡して「全部片付けて◯十万かかります、消臭作業や害虫の駆除は別途費用がかかります」
「ワンルーム片付けるのにこんなにかかるの?」と躊躇しましたが
「早くしないと大変なことになる」と言われているし
急な事で冷静な判断も出来なかったのでしょう、ましてや金額を他社と比較する余裕もありません。

その場ですぐに片付けてもらいました。

今思うと片付けというより全てのものをゴミとして処分してもらっただけでその片付け業者がちゃんと廃棄物処理や運搬の資格を持っていたのかさえ確認しませんでした。

葬儀も終わり少し落ち着いてから考えてみたら、それにしてもあの片付けの金額はなぜあそこまで高額だったのだろうか?と思うようになり、遺品整理や部屋の片付けにつて色々と調べてみました。

その結果私が依頼した片付け業者の金額はかなり高額であった事が分かったのですがどうしようもありません。

統計によると現在の日本では3時間に1人の割合で孤独死が発生しているようです。私と同じような状況になる人が多くいる事から、冷静な判断ができなくても、ご遺族のお気持ちに配慮して適正な金額で対応できる片付け業者になり、多くの方のお役に立ちたい気持ちでこの片付けの事業を立ち上げました。

この事業を立ち上げるまでに遺品整理士、事件現場特殊清掃士などの勉強をして資格も取得しました。

遺品整理の仕事は単にモノを片付ける仕事ではなく、ご遺族の方の心の整理をお手伝いする仕事です。
過去に自分が経験した事を活かし、ご遺族の身になって心のケアも含めた対応ができます。

高齢化や核家族によって今後も孤独死が増える事が予想できますし、両親と別居していて親御さんが亡くなった際に、忌引きの期間だけでは片付けができないなど、片付けで困っている方のお役に立ちたいと考えています。

お部屋の片付けまかせ隊 代表 栗本佳孝

 

 

 

会社概要

名称 お部屋の片付けまかせ隊
代表者 栗本 佳孝
住所 〒500-8238 岐阜県岐阜市細畑1丁目8-7
電話 0120-852-409
FAX 058-213-6446
URL http://mikuri.net
E-mail katazuke@mikuri.net
事業目的 亡くなられた方のお部屋の片付けを、ご自身でやりたくてもできないご遺族のお役に立つこと。
運営会社 有限会社 美栗陸送
資本金 500万円
設立 平成3年2月25日
取引銀行
  • 大垣共立銀行
  • 岐阜信用金庫

アクセスマップ


メディア情報

岐阜新聞で取り上げられました

お部屋の片付けまかせ隊が、岐阜新聞で取り上げられました

拡大・印刷はこちら

岐阜新聞で取り上げられました

お部屋の片付けで困ったらまずはお電話下さい! TEL 0120-852-409 受付時間 [ 平日 ] 8:30 - 19:00
携帯からも通話料無料

リンク一覧

Facebookページ

PAGETOP
お見積・ご相談は無料です。ご質問、ご相談など「お部屋の片付けまかせ隊」へ、お気軽にお問い合わせ下さい。TEL 0120-852-409【対応地区】岐阜県美濃/愛知県西部
Copyright © お部屋の片付けまかせ隊 All Rights Reserved.
by DorICaSystem .INC